当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
「サステナブルな香り」ベレアラボが関西初の常設出品 – SDGsニュース|リンクウィズSDGs
「サステナブルな香り」ベレアラボが関西初の常設出品

「サステナブルな香り」ベレアラボが関西初の常設出品

香りと感性の研究所「BÉLAIR LAB(ベレアラボ)」は、「人と自然の共生」をコンセプトとしたサステナブルなフレグランスブランド。4月12日、阪急うめだ本店8階にオープンした「GREEN AGE(グリーン エイジ)」内に関西で初となる常設出品をしています。ベレアラボのサステナブルな香りを通じて、「自然にも自分にも豊かさと優しさを届けられる」という新しい香りの体験を楽しむことができます。

「環境や未来を見据えたサステナブルな香りづくりを」べレアラボの理念

べレアラボのフレグランスには、「香りの発明家」クリストフ・ロダミエルによって選び抜かれた、高品質で稀少なサステナブル香料がふんだんに取り入れられています。フレグランスを取り巻く植物、生産者、環境や未来までを見据えたサステナブルな香りづくりをブランド理念の一つとしています。

 

1983年に⾹⽔の都グラースに設⽴され、100%ピュアで天然のプレミアムな⾹料を完全な透明性、環境管理、及び持続可能な開発へのコミットメントを持つという厳格な倫理観を持って開発された「Laboratoire Monique Remy(LMR)Naturals」の香料や、天然資源保護への取り組み、持続可能な収穫プロセスと、公正な労働条件が評価されて初めて取得できる「FairWild認証」を得た香料をはじめ、透明性のある持続可能な原料を高配合することにより、この上質な⾹りを⽣み出すために多⼤な労⼒を払う農家をはじめとする⽣産者への還元につなげています。

 

 

調香師クリストフ・ロダミエルと作りだす特別な香り

クリストフ・ロダミエル氏

 

調香師とは、香りを作りだす専門家です。香水のみならず化粧品や洗剤、食品など多岐にわたる香りを調合することが仕事です。世界に約600人しか存在していない調香師の中でクリストフ・ロダミエルは「香りの発明家」と呼ばれ、トムフォード、ラルフローレン、ビヨンセなど世界の名だたるブランドの香水や五つ星ホテルの名香を生み出しています。べレアラボはクリストフ・ロダミエルとともに、高品質でサステナブルな香りづくりにこだわり、香りの持つ機能的側面と芸術性を掛け合わせた新しい香りのかたちを追求し、多彩でイノベーティブな香りを数多く生み出しています。

 

----------------------

■ニュース提供元:ロート製薬株式会社

https://www.rohto.co.jp/

----------------------

他のニュースを見る

カラフルボーダー

OTHER NEWS

閉じる

おすすめ記事