当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
「エシカル甲子園2023」で麗澤中学・高等学校SDGs研究会が最優秀賞を受賞! – SDGsニュース|リンクウィズSDGs
「エシカル甲子園2023」で麗澤中学・高等学校SDGs研究会が最優秀賞を受賞!

「エシカル甲子園2023」で麗澤中学・高等学校SDGs研究会が最優秀賞を受賞!

全国の高校生が、持続可能な社会へ向けた消費である「エシカル消費」の取り組みを発表する大会「エシカル甲子園」の本選大会が、2023年12月26日に開催されました。

最優秀賞は、千葉県の麗澤中学・高等学校SDGs研究会が受賞。

同校は、これまでのフェアトレードコーヒーの活動内容を広げ、産学連携に力を入れたり、他校へビジネスモデルの無償提供をするなど、活動を全国へ波及させている点が大きく評価されました。

 

 

「エシカル甲子園」とは?

「エシカル甲子園」とは、全国の高校生が、持続可能な社会に向け環境や社会に配慮した消費行動「エシカル消費」の取り組みを発表する場として、徳島県教育委員会と徳島県の主催によって令和元年より開催されている大会です。

 

 

5回目の大会となった令和5年度は、「みんなで考えるエシカル消費」をテーマに、ミライの消費を変えていこうとする高校生のしなやかな感性と発想による実践を募集。2023年12月26日に徳島市で本選が開催され、全国84校の中から選ばれた地域ブロック代表の8校が発表を行ない、特に優れた取り組み・活動発表が表彰されました

 

千葉県の 麗澤中学・高等学校 SDGs研究会が最優秀賞を受賞!

最優秀賞となる「内閣府特命担当大臣賞」は、麗澤中学・高等学校 SDGs研究会が受賞しました。

 

同校は3回目となる出場で、今大会では「ウェルフェアトレードコーヒーの取り組み~チェンジメーカーを日本全国へ~」をテーマに、SDGs 研究会の代表的な取り組みであるフェアトレードコーヒーの活動内容をより深く、そしてより広く展開した内容で発表を行ないました。

 

産学連携に力を入れ、様々な企業と連携し社会に新しい価値を創出していることや、全国の学校に取り組みを広げるためにビジネスモデルを無償提供し、活動を全国へ波及させている点が大きく評価され、今回の受賞となりました。

 

バリスタから教員に転身した経歴を持ち、現在は同校で地歴公民科を担当しているSDGs 研究会顧問の瀧村 尚也先生は、次のようにコメントしています。

 

「今回の受賞は、この活動に関わってくださっているすべての方のおかげだと実感しています。また、他校でもやってみたいという気持ちがあれば、活動を行うことができることを証明することができ、この波及性が今回の大会でも高く評価していただけたことを大変嬉しく思います。これからも、この活動を日本全国へ展開し、波及させていくことに努めていきたいと思います。」

 

【受賞生徒の3人】
高校二年 北上 愛理(きたかみ あいり)さん
高校一年 薮﨑 詩乃(やぶさき しの)さん
高校一年 齋藤 瑚子(さいとう ここ)さん

 

 

 

麗澤中学・高等学校 SDGs研究会による取り組みは、過去の記事でもご紹介していますのでぜひご覧ください。

麗澤中学・高校生プロデュース!フェアトレードチョコレートのジェラートが誕生

 

 

----------------------

■ニュース提供元:麗澤中学・高等学校

https://www.hs.reitaku.jp/

----------------------

他のニュースを見る

カラフルボーダー

OTHER NEWS

閉じる

おすすめ記事