当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
ファンケルがサーキュラーエコノミーモデル採用の紙袋を4月1日から – SDGsニュース|リンクウィズSDGs
ファンケルがサーキュラーエコノミーモデル採用の紙袋を4月1日から

ファンケルがサーキュラーエコノミーモデル採用の紙袋を4月1日から

株式会社ファンケルが4月1日(土)から全直営店舗で、サーキュラーエコノミーモデルを採用した紙袋を使用開始します。
使用済み段ボールをファンケルの物流センターで回収し、環境に配慮した古紙100%の紙袋へリサイクルして直営店舗で使用する流れです。
プラスチック素材を一切使用せず、持ち手の紐はナチュラルコットン、印刷のインクにはバイオマスインキを採用した100%リサイクル可能なエコ仕様の紙袋です。

「サーキュラーエコノミー」とは

サーキュラーエコノミー(循環型経済)とは、従来の経済活動では廃棄されていた製品や原材料などを「資源」と捉え、リサイクルや再利用などで活用して資源を循環させるという経済システムのことです。

 

紙袋にはファンケルのSDGsメッセージとオリジナルマークをデザイン

ファンケル
再利用のオリジナルマーク

サイズは、大と小の2タイプ。紙袋の側面には、ファンケルからのSDGsメッセージ(Co-creation for a future full of hope./希望に満ちた未来を一緒につくろう)をデザイン化したものやエコマーク、再利用のオリジナルマークが入っています。
また、従来は無料だった紙袋を、今回を機に有料化とします(大110円、小80円、ともに税込価格)。これは「できるだけ多くのお客様にエコバックなどの使用を推奨しながら、環境資源の保全に貢献できるよう、お客様とともに取り組んでいきたい」というファンケルの想いで変更しています。

 

ファンケルは2018年に「ファンケルグループ サステナブル宣言」を掲げ、現在と未来に生きる人々の笑顔と持続可能な社会を目指すために、「環境」「健やかな暮らし」「地域社会と従業員」を重点テーマにSDGsの貢献に取り組んでいます。

 

ポイントで交換できるサステナブルな大容量エコバッグも

ファンケル
(画像左:開いた状態/右:巾着の状態)

 

さらに、直営店舗では、使用済みのペットボトルを再利用し、使いやすい巾着型で軽くて大容量が入る地球環境に配慮したエコバックを用意。お買い物時にたまるファンケルメンバーズポイント700ポイントで交換することができます。

 

----------------------

■ニュース提供元:株式会社ファンケル

https://www.fancl.jp/index.html

----------------------

他のニュースを見る

カラフルボーダー

OTHER NEWS

閉じる

おすすめ記事